7545 介護

実体験からもしもの時に慌てないよう事前準備↓をしておくことをおすすめします

在宅介護を選びました。

 ご縁あって当ブログに訪問されました皆さま、こんにちは。管理人の晴田風子(ハレダフウコ)と申します。

 

 私は現在80代の母親を在宅で介護をしています。二年程前に手術、計5ヶ月の入院生活を経て自宅に帰ってきました。入院前はなんとか自力でトイレに行けていましたが、退院後は一日に4〜5回のおむつ交換が必要なほぼ寝たきりの状態となってしまいました。要介護4の認定を受け、幸い認知症及び徘徊などはなく普通に会話が出来ます。

 

 現在は平日ヘルパーさんに来てもらい、おむつ交換・食事・薬の服用・入浴などを行ってもらい、その他訪問看護師さんによる配薬・体調管理、訪問医の定期的な診察・処方をケアマネジャーさんと前月に立てたスケジュールに沿って日々母は過ごしています。ただし、おむつ交換は毎日4〜5回しないとおむつ被れや褥瘡になりやすいのでヘルパーさんの来ない日や夜間は自分が行っています。

 

 そんな在宅介護の日々を今回ブログとして発信していこうと思いました。おむつ交換・介助・買い物・炊事洗濯掃除・各医療&介護関係者との立会い・打ち合わせ等々自分の時間の多くを費やす介護は、主として「モチベーションや収入面の維持」の悩みがあります。あくまでも私の事例に過ぎませんが、私と同じく奮闘中の方や今後それを控えているであろう方も含めてご自身の介護に参考、共有できたら幸いです。


在宅介護はやっぱり甘くはない

 実際に在宅介護を経験しての率直な感想は・・・「やっぱり甘くはない」ですね。毎回の介護として行うことは、

  1. おむつの交換
  2. (褥瘡にならないよう)お尻に塗り薬を塗る
  3. 痔もあるのでその薬も指を突っ込んで入れる
  4. ベッドから体を起こす
  5. 移動式配膳台をセット
  6. 食事を配膳
  7. 食後の服用薬
  8. 入れ歯の掃除
  9. 入れ歯を再度入れる
  10. 体をベットに横たわらせて布団を掛ける

などの一連の作業をヘルパーさんが来ない日や夜間は自分がしなければなりません。毎日毎日の下の世話(自分が赤ん坊のときはやってもらっておきながらですが・・・)は大変です。疲れて仕事から帰ってきての夜行うおむつ交換は時折「今日はやりたくない!!!」ってホント思うときがよくあります。

なんで介護施設を選ばないの?

 ここまでしてで、「なんで介護施設を選ばないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。確かに介護施設を訪問するまではその選択もありと思っていました。ある時ケアマネージャーさんから「一度ショートステイで行ってみたら」という一声で試しに近くの特別老人介護ホーム(特養)に3日ほど行ってもらいました。施設自体はとてもきれいで広々として良い環境です。
 しかし、実際に中に入ってみると

  • 認知症になっている方と同じで現金を持たせてもらえないためジュース一本も自分では買えない
  • 一人の介護士さんが20人くらいを担当(夜間ではさらに多くの人数を担当)するため、おむつ交換・体を起こすなどの介助をすぐにしてもらえない⇒よって、些細なことでもお願いしにくい
  • 食事が病院食に近い

など果たして自分が入所したいだろうか・・・と自問自答する場面がありました。

 

 私がショートステイ終了後のお迎えに行った際、一人の女性が椅子に座って外をずっと眺めていました。その姿がとても悲しそうな姿であったのをよく覚えています。それゆえここまで育ててくれた親に少しでも残りの人生楽しんでもらいたいを思いました。

 

 あと、一番重要かもしれない金額面です。自宅であればかからない、またはそれほどかからない施設維持管理費、食事代、光熱費、消耗品費、介護スタッフ人件費、夜間割増料金・・・等々を総合した施設利用料と比較して、私は「在宅介護」を決断しました。


今しか直接恩返しはできない

 「オギャー」と生まれた赤ちゃんの自分を24時間見てくれて、ミルクやおむつ代を稼いでくれ、暖かいお布団で眠らせてくれて、住む場所を確保してくれて・・・としてくれた両親に感謝の恩返しは生きている今しかできないと私は考えます。さらに自分の幼少期・学生時代にあの時の面倒事や学費などいろいろと苦労をかけたことを思い返せば反省することばかり。それゆえ今なら直接その恩返しができます。

 

 皆さんそれぞれお考えがあると思いますが、今自分のできる範囲でやってみませんか。


モチベーション&収入面の改善策

在宅介護8年を経て私なりの「モチベーション&収入面の維持」についての主な改善策は以下の3つです。

  1. 介護保険内でヘルパーさんなどをお願いして、介護時間を減らす
  2. 介護でモチベーションがダウン↓した際に、(自分なりの)アップ↑方法を知る
  3. 収入面を少しでも補うために在宅で稼ぐことをする

主に3つを行うことで自分自身を平穏な気持ちに保てるのではないかと思います。

 

これらを含めて今後ブログ更新していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いしたいます。

 

※こちら↓の記事も読んでみませんか


【生前のうちにある程度の相続準備↓もしておくことをおすすめします】

「保険の窓口インズウェブ」相続相談サービス

 

 今月(11月)上旬の出来事。久しぶりにギックリ腰になってしまいました。以前のブログでもお伝えした通り、コップに水を入れて溢れるが如く限界ラインを超えた途端、激痛が走って普通に歩けなくなりました。当然荷物を持ったり、椅子に座っての事務仕事さ...

 仕事をしている先輩から言われたことがあります。「病気もケガも自分持ち」。なかなか厳しい言葉で自分の健康や危機管理をしっかりとして仕事ができるようにというだと思います。 人間ですから病気やケガをする時はあります。但し、日頃からそれらが最小限...

 介護・家事・仕事などに追われて、外出まで時間がない時食材が底をついてきた時今日は自分の分だけで良い時お腹が空いてすぐ食べたい時などお手軽にそしてすぐに出来上がる食事といえば、お湯を注いで○分待つだけで出来上がりのカップ麺ですね。今ではたく...

 毎日介護をしていれば、メンタル落ちすること・・・よくあります。おむつの交換で水便が出てしまって、夜な夜な付いた箇所をゴシゴシ洗ってからの洗濯介護やって当たり前的な会話の連続「早くお迎えが来ないかなぁ・・・」のマイナス言葉をさんざん聞くなど...

 部屋は毎日そこで生活して過ごしていれば当然、空室であっても自然と床にホコリやゴミが溜まってきます。それゆえ床掃除は必然となります。 と「当然・自然・必然イェイ」とLAPのように韻を踏んでみたわけですが、掃除が嫌いだからと床に落ちているホコ...

 毎日の朝食は洋食派という方・・・なん〜て聞くとホテルの朝食のようなメニューを想像しがちではありますが、残念ながら私の朝食は「食パン・牛乳・果物」というすぐに食べられる3点セットお手軽朝食です。つまり朝寝坊の私が慌てて出勤するためにこうなっ...

TOPへ